UQモバイル審査で厳しい公式

UQモバイル公式は、職業選択欄があります。

「学生」「会社員」「自営業」「専業主婦」「パート」「無職」「その他」など選択形式です。「会社員」「パート」を選択した場合、「勤務先名」「勤務先電話番号」など会社の詳細を入力する必要があります。

「学生」「自営業」「専業主婦」「無職」「その他」を選択した場合、勤務先情報を入力する必要はありません。

UQモバイル公式が職業項目を増やしたのは、2017年後半からです。これまで職業を選択する欄はありませんでしたが、審査の一貫で急遽導入をしてきました。

UQモバイル公式が職業選択欄を増やした理由は、「MNP弾による短期解約」「滞納したまま音信不通になる」など、望まないユーザーからの契約があったからです。

MNP弾とは、他社へお得に乗り換えるために、一時的にUQモバイル回線を新規に契約することです。

UQモバイルに加入して申し込むのではなく、UQモバイル以外の他社のキャンペーンキャッシュバックや端末割引特典を受け取ることを目的としてUQモバイルを踏み台に使います。

乗り換えには転出元となるUQモバイル回線契約が必要ですので一度UQモバイルの回線に加入したのち乗り換えたいキャリアへMNPする、という流れになります。

MNP弾の対象となるのは、維持費や端末の安い格安SIMが標的となります。UQモバイルは料金も端末も安いのでMNP弾を作る側としては打ってつけなのです。

UQコミュニケーションズはこのような、UQモバイル回線を利用したくて申し込みしているのではなく、キャリアの特典目当てで乗り換えを作るMNP弾を芳しくないと考えております。

その結果、職業欄を設け厳しく審査にあたっています。

参考:情報開示とは|指定信用情報機関のCIC

UQモバイルキャッシュバック

UQモバイル審査で正規代理店リンクライフは職業欄なし

UQモバイル正規代理店リンクライフでは、職業項目欄がありません。代理店で契約してもUQコミュニケーションズが審査をすることになりますが、代理店経由のお客様は職業を審査しません。

なぜ代理店は職業を審査しないかと言いますと、キャッシュバック受け取り時期が開通月を含めない7ヵ月後末日と遅いからです。

公式は開通月を含めない2ヵ月後です。実に5ヶ月以上の差があります。MNP弾を作る人というのは、短期解約を目的としていますので、当然にキャッシュバックが早く貰える公式の方で契約した方が都合が良いのです。

もしMNP弾目的の方が正規代理店を契約した場合、半年で解約したらキャッシュバックを貰えず仕舞いとなってしまいます。そのため、短期解約する人は公式に申し込みが集中する為、公式だけは職業まで審査と厳しくしています。

UQモバイルの審査は甘い方が良いという方は正規代理店でお申込み下さい。職業を入力しないので職業までは審査されません。審査の透過性も公式より若干高くなっております。

UQモバイル審査で無職は審査に通る?

無職でもUQモバイル審査に通ります。

ただし、無職というのは年齢で判断されます。20代の若者であれば、同居している親に安定した収入があると判断されますので問題視されません。

40代~50代の独身となると、親は定年を迎えており安定した収入がありませんので、審査が厳しくなります。

65歳以上の無職というのは年金生活に入っていると判断されるので問題ありません。

申込み時点では定職に就いていなくても、預貯金が潤沢にある方もいるでしょう。しかし、貯金額までは入力しませんので無職は年齢で判断されることになります。

この年齢で無職というのはおかしいと思われれば過去に滞納トラブルを起こしていないかなど厳しくチェックされます。

UQモバイルは自営業でも審査に通る?

自営業でもUQモバイル審査に通ります。

ただし、自営業というのは職業が曖昧で会社名まで入力する会社員と比較して信用度が低いです。

自営業といっても、「株トレーダー」「ネット販売」「ネットオークション」「懸賞の商品」「ネットビジネス」「肉屋」「花屋」「大工」など職業はさまざまです。

会社名を入力しない以上は、どのような職に就いているかまでは伝わっていないです。自由業の方は、収入の証明が難しいと同時に、安定した収入を得ることも難しい状況にありますので、疑いを持たれます。

過去に滞納トラブルを起こしていれば審査に落ちやすくなります。

UQモバイルの審査では会社員は勤務先を入力する義務があるくらいですから雇用形態が重視されます。

雇用形態とは、勤務先と従業員が結ぶ雇用契約の種類です。しかし、個人事業主などの自営業者は会社員や公務員と異なり、機会によって雇用者が異なります。

そのため、収入や勤務状況が不安定であると判断され、審査で低く評価されます。

また、無職の方が無職と入力するのは「恥ずかしい」「審査に落ちそうで怖い」「印象が悪い」などの理由で自営業と偽って選択する事例も多いです。その為、自営業と名乗っても信用面は低いです。

UQモバイル審査日数は何日?

UQモバイルでは午前中に申し込みで最短当日出荷をしております。その為、審査に掛かる時間は1日となります。

ただし必ずしも当日出荷ではありません。月末は申し込みが集中して、審査処理に時間がかかり、2日や3日掛かるケースもあります。

それでも1週間など極端に長くなることはありません。UQモバイルの審査はピンポイントでみていますので、クレジットカードの審査のように細かくはチェックしてません。

滞納をしないかどうか最低限必要な個所のみ審査となります。

UQモバイル審査落ちした場合は再契約できる?

UQモバイル審査落ちしても再契約ができます。再契約で審査に通ることもあります。

ただし、信用面で審査に落とされている場合は何度お申込みしても審査に通りません。再契約で審査に通るのは書類の不備など信用面に問題がなかった場合のみです。

過去に携帯料金を滞納していたり、短期解約をしてしまった前科がある場合は、再契約しても審査に通りませんので諦めましょう。

信用を落とすようなことをした覚えのないのに何度申し込みしても審査に落ちるケースがあります。これは、何かしらの問題が懸念となり審査に落ちています。

UQコミュニケーションズでは審査落ちの理由を回答してくれません。審査に落ちた理由が分からないので、どうしようもないのです。何度お申込みしても審査に落ちる場合も諦めるしかありません。