UQモバイルの契約ができる家電量販店は、ヨドバシカメラやビックカメラやヤマダ電機などたくさんあります。

UQモバイル取扱店日本全国に2700店舗以上展開中で最寄りのお店で、気軽にUQ mobileのスマートフォンやWiMAXルーターを実際に手に取ってお選び頂けます。

参考:家電量販店|UQモバイル公式

lets

UQモバイルキャンペーン限定ページ🎵では、SIMのみ乗り換えで6000円+2000円増額キャッシュバック🌟、最新端末は大幅割引セール⭐を開催しております。詳細は以下のリンクをクリックして下さい。
UQモバイルキャンペーン申し込みページはこちら

UQモバイル家電量販店キャンペーンキャッシュバック

UQモバイル家電量販店ではキャッシュバックキャンペーンを各店舗にて開催しています。

キャンペーン内容は各店舗により温度差があります。キャンペーン内容は実際に店舗に行かないと詳細が分からないようになっております。

一部の店舗のみTwitterでキャンペーンの告知を行っております。ただし、家電量販店キャンペーンはネット契約より還元額が劣ります。

お得に契約したい場合はネット契約をご利用下さい。

UQモバイル家電量販店:エディオン

エディオンは、日本の家電量販店チェーンです。

かつては複数のチェーンブランドを展開する持株会社でありました。売上高はヤマダ電機、ビックカメラグループ(コジマとの単純合算値)に次いで業界3位となっています。

参考:エディオン

UQモバイル家電量販店:ケーズデンキ

ケーズデンキとは、茨城県水戸市桜川に本社を置く家電量販店の一つです。

北関東に本社を置く3大家電量販店(通称YKK。もう二社はヤマダ電機(群馬県)・コジマ(栃木県))の一つです。

ケーズホールディングスの「K’s」とは、「Keep!Customer Satisfactionn」お客様の満足を守り続けよう!というケーズホールディングスの企業姿勢から名前がつけられました。

参考:ケーズデンキ

UQモバイル家電量販店:コジマ

コジマは先代の故・小島勝平氏が1955年に創業しました。

北関東を舞台に1994年夏に勃発した「YKK戦争」は業界の語り草となっています。昔は客寄せのために、パソコン1台1円、テレビが1台5円といった、市場価格のメカニズムを無視した、非常識といっていい超激安価格で売られました。

現在は1円で売られることはありません。

北関東の家電戦争を戦ったコジマは1997年、家電売り上げ日本一の座に就きましたが、2002年に首位の座をライバルのヤマダ電機に奪われました。

現在のコジマはビックカメラに吸収されています。

参考:コジマ電気

UQモバイル家電量販店:ジョーシン

ジョーシンとは、大阪に本社を置く家電量販店です。

社名は「上新電機株式会社」。由来は創業者の淨弘信三郎からです。上信電鉄とは何の関係もありません。

「唯一の関西資本の家電量販店」を売りにしたり、阪神タイガースのスポンサーを務めるなど、主に関西を中心に営業活動を展開しています。

参考:ジョーシン

UQモバイル家電量販店:ソフマップ

Sofmap (ソフマップ) とは、秋葉原を中心に展開する家電量販店です。ビックカメラグループの傘下にあります。

主にデジタル家電やパソコン、ゲームソフトなどの販売及び中古品の買取・販売を行っている家電量販店です。

参考:ソフマップ

UQモバイル家電量販店:ノジマ

神奈川県横浜市に本社を置く家電量販店の企業です。ケーズホールディングスに次ぐ業界5位です。

参考:ノジマ

UQモバイル家電量販店:ビックカメラ

群馬県高崎市で創業、東京都豊島区池袋に本店を置き、2014年8月時点では16都道府県に直営34店舗を展開しています。

ヨドバシカメラと同様に、全国各地の大都市のターミナル駅のそばに大型店舗を数多く展開していますが、ヨドバシカメラが自社物件(他社からの買収もしくは新築)に出店することが多いのに対し、ビックカメラは他社物件の核テナントとして出店する場合が多いです。

参考:ビックカメラ

UQモバイル家電量販店:PCデポ

関東圏を中心に全国展開中の、パーソナルコンピュータなどを主に取り扱う家電量販店・パソコンショップです。

神奈川県に本社を置き、同県および東京都を中心に全国に65店舗(2010年12月3日現在)展開していますが、近年ではスクラップアンドビルドを繰り返しています。

直営店(44店舗)は関東甲信越地方へのドミナント戦略を徹底しており、他地域へはフランチャイズによる出店(21店舗)を行っています。

参考:PCデポ

UQモバイル家電量販店:ベイシア電器

ベイシア電器(ベイシアでんき)は、ベイシアグループの家電量販店です。

当初は500平米程度の単独出店が多かったが、競合する大手の電器量販店(ヤマダ電機、コジマ、ケーズデンキなど)に比べ小規模という点とともに、ベイシアグループのモール展開に伴い、単独店はスクラップアンドビルドを行い、現在の出店はグループ企業の別の店舗と一緒に出店する場合が多いです。

参考:ベイシア電器

UQモバイル家電量販店:ベスト電器

九州地方を基盤とする日本の家電量販店チェーンストアです。

ベスト電器が家庭用電気製品の販売を開始したのは1956年です。現在は、九州・山口地区を中心に全国規模で店舗を展開し、海外にも進出してます。

参考:ベスト電器

UQモバイル家電量販店:ヤマダ電機

日本の家電量販店チェーン。日本の家電販売最大手で、テックランド (Tecc.Land)、LABI(ラビ)、ヤマダモバイル(旧名称テックサイト (Tecc.site))、といった業態の店舗を展開しています。

2002年に当時トップだったコジマを抜いて家電量販店国内最大手となり、2005年2月には、専門量販店としては日本で初めて売上高1兆円を達成しました。

2005年7月29日、最後まで未出店だった徳島県で徳島藍住店を開店させ、家電量販店で初の全都道府県進出を果たしました。

2006年度には、家電量販業界内売上規模の2割を占めています。

参考:ヤマダ電機

UQモバイル家電量販店:ヨドバシカメラ

ヨドバシカメラは、家電・パソコン・カメラ・写真用品などを販売している量販店チェーンストア。

家電量販店で売上高はヤマダ電機、ビックカメラ、エディオングループに次ぐ日本国内4位。2017年7月現在、23店舗で営業中である。また、ECサイトにも力を入れており、Amazon.co.jpに次ぐ日本2位です。

参考:ヨドバシカメラ