UQモバイル遅い時は、通信スピードを確認する

UQモバイル遅いと感じた時は、スピードテストアプリで実際の速度を計測してみましょう。

UQモバイルは平均で50~70Mbps出ているので、10Mbpsを切るようなら、何らかの原因で通信速度が遅くなっています。

遅いと感じた時は、本当に遅いのか確認することが先決です。

UQモバイルが遅い原因1:データ容量超過していることもある

「高速プラン」、「スマホプラン」の場合、各料金プランで定められている基本データ容量分まで受信速度最大225Mbpsでご利用いただけます。

基本データ容量を使い切った場合は、高速プランが最大受信速度「200kbps」に制限されます。「スマホプラン」の場合は受信速度が最大300kbpsに制限されます。

スマホプランSは月間3GBまでしか利用できません。3GBを超えた場合は月末まで300kbpsと極端に遅くなります。

データチャージ(有償)をいただくことで、高速通信できるデータ容量を増やすことができます。

UQモバイルキャッシュバック
参考:通信制限|UQモバイル公式

UQモバイルが遅い原因2:節約モードの低速モードにしている場合

UQモバイルには、節約モードがあり高速通信と低速通信の切り替えをすることで、高速通信が必要ないときはデータ容量を消費せず節約することができます。

データチャージサイトからいつでも簡単に行うことができます。送受信最大300Kbpsの低速通信に切り替えてデータ容量を節約できます。

低速モードに切り替えている時は当然に速度が遅くなります。

参考:節約モード|UQモバイル公式

UQモバイルが遅い原因3:多数のアプリを起動している

多数のアプリが起動している場合、メモリーが不足しますので、スマホの動きが鈍くなります。この場合は使っていないアプリの終了すると良いです。

バックグラウンドで作動しているアプリを終了させることができれば、メモリー不足を解消することができます。

参考:アプリ

UQモバイルが遅い原因4:アプリのキャッシュがたまる

スマホのアプリは、「キャッシュ」といってよく使うデータを一時的にメモリーに保存する機能を備えています。

ブラウザやメーラーはキャッシュをため込みがちで、メモリーを圧迫しています。アプリケーションの管理画面から、「キャッシュを消去」することでメモリーを解放できます。

UQモバイルが遅い原因5:使わないアプリがある

スマホのホーム画面に、あまり使わないアプリを置いておくとメモリーを消費しますので、使わないならアンインストールすることでメモリーの空き容量が増え、スマホの高速化ができます。

使っていないウィジェットやアイコンの削除、アニメーション効果のあるライブ壁紙を静止画に変更することでも表示は速くなります。

UQモバイルが遅い原因6:特定のアプリが問題を起こす

スマホにインストールされている特定のアプリが要因となり、スマホの動作が遅くなるケースがあります。

特定のアプリの起動中にのみ動作が重くなる場合は、そのアプリが原因なことは明白なので、そのアプリを停止しアンインストールすれば改善が期待できます。

UQモバイルが遅い原因7:スマホのバージョンが古い

端末OSやアプリのアップデートには、最新機能の追加の他に細かい不具合の修正がされます。最新の状態にアップデートしていない場合、不具合が修正されないままとなり遅くなります。

アプリやAndroidOSのバージョンが古い場合、スマホに負担がかかったり、アップデートで不具合が出ることがあります。アプリやOSにアップデートがないか、確認してみてください。

参考:製品アップデート情報|UQモバイル公式

UQモバイルが遅い原因8:webブラウザキャッシュがたまる

キャッシュとは、Webブラウザ履歴などのよく使うデータを一時的に保存しておく仕組みのことです。

キャッシュにより一度アクセスしたサイトのデータ(画像やHTMLなど)をブラウザで一時的に保管しておきます。こうしてデータを保管しておく目的は、帯域幅の混雑を避けページの表示を高速化することにあります。

つまり、次回同じページを閲覧する際に、キャッシュに保存されたページデータが読み込まれるので、インターネット上から読み込むよりも速く表示を実現できるのです。

ページデータがキャッシュに保管されていれば、ブラウザは新しくHTMLリクエストを送信する必要がありません。そのため、古いWebサイトが表示されます。

キャッシュが溜まりすぎると作業用のメモリ領域を圧迫し、動作が遅くなります。

キャッシュをクリアすることでスマホの動きを軽くできます。

UQモバイル遅い時の対策1:再起動する

パソコンと違いスマホは長い間電源を切らずに充電を繰り返し利用する方が多いですが、再起動はスマホの調子が悪い時にできる手軽で効果的な方法です。

スマホを再起動すると「バックグラウンドアプリによる容量の圧迫」「キャッシュの蓄積による容量の圧迫」を同時に解消できる利点があります。再起動した後は動きが軽くなります。

参考:スマホ再起動する

UQモバイル遅い口コミ