UQモバイル10分かけ放題通話オプションとは?

UQモバイルではスマホプランS・M・Lに10分かけ放題通話オプションを月額700円でつけることが可能です。

10分かけ放題とは、10分以内の通話は何でも無料で通話が可能という意味です。例えば、30分通話したい場合、10分で一度電話を切ってかけなおしを2回繰り返すことで30分無料で通話が可能です。

10分かけ放題のメリットは何度でも利用が可能ですので、毎日10分の通話を継続すると月間300分を無料で通話ができます。

10分を超えて通話してしまうと30秒20円単位で通話料金が発生します。

10分かけ放題は、10分以内に通話が終了する方に向いています。1回の電話で一度も電話を切らず30分続けて話したい方には向きません。

UQモバイル通話パック60分/月通話オプションとは?

UQモバイルではスマホプランS・M・Lに通話パック60分/月通話オプションを月額500円でつけることが可能です。

通話パックは月間60分まで無料で通話が可能です。30分の通話を一度も電話を切らずに続けて話したい方に向いています。ただし、30分の通話は月に2回までしかできないのは欠点です。

通話パックは60分以上の無料通話が用意されておりません。従って、120分・180分と通話したい方はUQモバイル自体が向きません。

UQモバイルでは通話パック120分・180分を出す予定はありません。

UQモバイル10分かけ放題・通話パック通話オプションは任意加入

UQモバイル10分かけ放題・通話パックは通話オプション制となっており任意加入です。最初からついている通話オプションではありませんので、通話は30秒20円単位で通話料が掛かります。

もし、500円以上の通話(13分)をする場合は通話オプションへの加入をお勧めします。逆に月間13分以上の通話をしない場合は通話オプションに加入する必要はありません。

旧プランでは無料通話コミコミ料金でしたが、スマホプランからは無料通話はオプション制となりました。その代わり、2年目以降の月額料金の値上げがないので、ずっと同じ料金で利用できます。

UQモバイルは無制限かけ放題プランがない?

UQモバイルでは10分までがかけ放題の限界です。無制限かけ放題プランを作る予定はありませんので、無制限をお求めのお客様は他社での契約をお勧めします。

UQモバイルで無制限利用する方法は現状で10分かけ放題通話オプションへ加入して10分以内に通話を切って何度もかけなおすしか方法がありません。

10分おきに通話を切って何度もかけなおすのは不便という方は、他社の無制限かけ放題プランを契約しましょう。

UQモバイルかけ放題5分から10分に増えた?

UQモバイルは元々5分かけ放題でしたが、スマホプランからは10分かけ放題と2倍の無料通話に変わっています。

既にワイモバイルが10分かけ放題でしたので競合他社に標準を合わせた格好です。ワイモバイルは似たような料金プラン体系で通信品質も変わりません。

そのため、UQモバイルとYモバイルどちらで契約するか迷うお客様が多数います。5分かけ放題と10分かけ放題では雲泥の差でワイモバイルに傾いてしまうので、それを阻止する意味でUQモバイルでも10分かけ放題としました。

UQモバイル10分かけ放題・通話パック通話オプションは月単位で契約可能

UQモバイル10分かけ放題・通話パック通話オプションは月単位で契約可能です。使う月だけ加入して使わない月は解約することができます。

10月は通話パック契約して、11月はかけ放題を契約ということも可能です。月間13分以上使わない月は通話オプションを解約しておきましょう。

また、通話オプションに加入した場合、毎月13分以上の通話をしているか確認をしておくと良いです。13分を超えない通話しているなら、通話オプションへ加入する意味はなく30秒20円単位で通話料を支払った方が安く済みます。

UQモバイル10分かけ放題・通話パック通話オプション無料・有料通話の対象とは

通話無料の対象

  • 国内固定電話
  • 国内IP電話
  • 国内携帯・PHS電話
  • 時報(117)
  • 天気予報(177)
  • 災害伝言ダイヤル(171)

通話無料の対象外

  • 番号案内(104)
  • 国内SMS
  • 国際電話
  • 国際SMS
  • 海外での発信/着信
  • 海外でのSMS発信/着信
  • 0180、0570で始まる電話番号
  • 衛星電話
  • 衛星船舶電話
  • 行政1XYサービス(188/189)
  • 電報

UQモバイル通話明細/通信明細の閲覧ができるサービス

UQモバイルでは、通話明細/通信明細の閲覧ができるサービスがあります。月額100円でmy UQ mobileにて、当月を含む過去7ヶ月分の通話明細/通信明細の閲覧ができます。

通常は当月の通話明細しか確認することができません。

そのため、通話明細を過去に遡って細かく確認したい場合は通話明細サービスへ加入しましょう。

何月の何日に誰と何分話して通話料がいくらなのかについては、100円の通話明細サービスへ加入しないと確認することができません。

例えば、子供の通話料が異常に高いけど、どこへ電話をして通話料が高くなっているか分からない場合、通話明細サービスへ加入することで、把握することができます。

無駄な通話をしていないかを確かめる意味で通話明細サービスは役に立ちます。